ゆくブラの戯言 in はてな

とある黄グマの日々の戯言

いきなりステーキのバースデー特典でステーキをタダで食べた話

こんにちは。ゆくブラっ!(@YukuBuraaaaaaaa)です。

さて、気付けばもう8月。今年も半年以上過ぎてるのですね。早いモノです。

 

さて、今回はみんな大好き(?)''いきなり!ステーキ''のお話。

最近はコロナ禍で大量閉店が続いたり、郡山のお店が爆発の被害を受けたりと、結構大変な状況らしいですが……。

そんないきなりステーキの肉マイレージのゴールドカード所持者が受けられる、ある「恩恵」をご紹介したいと思います。

その恩恵というのは、自分の誕生日の月であればリブロースのステーキがタダで食べられるという素晴らしいモノ。と、いうことで実際にそのステーキを頂いてきましたので、今回はその様子みたいなモノを書いていきたいと思います。

 

 

そもそも肉マイレージってなんぞや?

「肉マイレージ」とは、「肉マイレージカード」を提示することで自分の食べたステーキのグラム数がそのカードに加算されていくというもの。

例えば、200gのステーキを食べれば、その200g分がマイレージに溜まっていくというわけです。そして肉を食べれば食べるほど、カードもグレードアップ。

●累計3000gのステーキを食べれば

ゴールドカード

(ソフトドリンク無料、バースデー特典にリブロースステーキ) 

●累計20000gのステーキを食べれば

プラチナカード

(ドリンク無料、アルコールもOK、バースデー特典に食べたいステーキを選べちゃう)

●累計100000gのステーキを食べれば

ダイヤモンドカード

(ドリンク無料、アルコールもOK、バースデー特典に食べたいステーキをペアで食べられちゃう、並んでるときは優先的に入れちゃう)

 まあ、こんな感じなわけです。

んで僕は今、ゴールドカードを持っており、これを2020年が終わるまでに一つ上のプラチナカードへのランクアップを目指しているところなのです。

 

f:id:Blackred664:20200801192613j:plain

 

実際にバースデー特典を頂いていく

向かったのは様々ないきなりステーキの店舗の中でも僕が行きつけのお店。気付けば店員さんとも顔なじみの関係になってしまいました。

いつも元気な応対をしてくれる店員さんに、「あの~今日はこれでお願いしたいんですが」スマホの画面を提示。

 

f:id:Blackred664:20200801161327p:plain

 

いきなりステーキの専用アプリからの画面。このアプリを入れてると、直接カードを出さずとも肉マイレージのバーコードを提示できるのでおススメです。

まあそもそもこのアプリを入れないとバースデー特典が受けられないので注意しましょう。

 

この画面見せただけで店員さんが「ああ~~~おめでとうございます!」と言ってくれます。内心、結構嬉しかったりします。

そのあとに「ではお好きなステーキをお選びください」と言われました。あれ?リブロースじゃないの???と思ったら、

リブロース、トップ、ミドルの3種類から選べます」と言われたのです。ええ~っ!?びっくりだ。まさか3種類から選べるなんてなかなか太っ腹よ…

ここはもちろん、一番お高いトップリブをチョイス。リブロースのステーキの中でも、一番脂身が少ないのが特徴です。

 

そして…ドーンッ!

f:id:Blackred664:20200801162011j:plain

トップリブ300g+トッピングハンバーグ150g

こちらが実際に頂いたモノ。これが到着する前に、僕の席に近付くたびに、何度も「おめでとうございます~」と言ってくれたり、キッチン担当の店員さんが実際に焼く前のステーキを持ってきて確認をしてくれたりと、色々と優しい対応です。素晴らしいよ。

 

んで、そのお味なんですが、これがまあいい。いつもはリーズナブルで頼まれがちな「ワイルドステーキ」ばっかり食べているだけに、本格的なステーキの味を感じました。柔らかいけど、噛み応えもそれなりにある感じ。

いきなりステーキに初来店でクレーム入れてる人はきっとかつての硬かったころのワイルドステーキが忘れられないんでしょうかね。今は肉のカット方法が厳しくなったようで、かつてよりも柔らかくて美味しくなってますよ。

一度奮発してこういったリブロースのステーキも食べてもらいたいものです。そうすれば考えも大きく変わるのでは?とか思います。

 

おわりに

今回はゴールドカード特典のトップリブを頂きました。いや~、これがタダで食べられるのは大きいですね。普通に頼んだら普通に2000円オーバーするレベルですので。

ただ、このリブロース300gはどうやら肉マイレージには加算されないみたいなので注意。トッピングハンバーグの150g分しか加算されておりませんでした。まあ、無料だし、多少はね?

ということで皆さんも、美味しいものを食べて経済を回すという意味も込めて、ゴールドカードを目指してみてはいかがでしょうか。

 

ここまでご覧いただきましてありがとうございました。

 

 

サイゼリヤの注文方式が変わっていた話

こんにちは。ゆくブラっ!(@YukuBuraaaaaaaa)です。

 

さて、今回はサイゼリヤのお話。前はサイゼの持ち帰りメニューに関する記事を書きましたが、この記事はちょっと違います。

 

実はサイゼリヤ、2020年7月から、感染症対策の一環などとして、例えば299円だったものが300円になっていたりと、''キリのいい数''になっているのです。支払いで小銭ジャラジャラしなくて済むし、これはありがたいですよね。

 

それに合わせているのでしょうか、久々にサイゼに行ったら、注文方法が大きく変わっておりました。入店したらまず店員さんが一言・・・

「ご注文こちらの紙に書いてお渡しください」

・・・ん、どゆこと?と思ったら・・・・

 

f:id:Blackred664:20200713222754j:plain

紙に書いて注文するらしい

・・・なんじゃこりゃあ!?

・・・はい、ご覧の通り、メニュー表に書かれている番号を紙に書き、ボタンを押して店員さんを呼び、その紙を渡す、ということなんです。

 

f:id:Blackred664:20200713230553j:plain

 

んで、その紙がこれ。ここに、下記の画像にあるような「SU02」とか「SU04」などの番号と一緒に数量を書いて店員さんに渡します。

メモ欄は…例えばデザートとかを後から出してほしい、とかいう事を書くんでしょうかね?

 

f:id:Blackred664:20200713230631j:plain

 

まあそれで今回、僕も実際にこの紙に番号を書いて注文したわけですが、店員さんもまだちょっと慣れていない様子。

一度、注文確認でその番号のメニューを店員さんが確認するのですが、メニュー名ではなく番号であるが故、その確認作業に少々手間取っておりました。まあこれはしょうがないかな?

 

f:id:Blackred664:20200713231355j:plain

f:id:Blackred664:20200713231413j:plain

 

この日はディアボラハンバーグ、青豆の温サラダ、アロスティチーニとセットドリンクバーを注文、合計1300円也。ごちそうさまでした。

 

新しいサイゼの注文方法、ぼくはまだ慣れないです。まあ紙に書いて渡したほうが、効率的で人との接触も削減できるのでメリットは多いのかな?と思います。

 

ここまでご覧いただきありがとうございました。

イトーヨーカドーのフードコートにあるお店「ポッポ」の大量閉店に悲しい気持ちになる

こんにちは。ちょっとお久しぶりです。ゆくブラっ!(@YukuBuraaaaaaaa)です。

 

今回は完全な僕個人の独り言…と言った感じで。

 

皆さんは、イトーヨーカドー内の一部店舗に存在する「ポッポ」をご存知でしょうか。

知ってる方なら「あ~ポッポね!あのポテトが美味しいところ」と答えることでしょう。

そんなポッポが、見知らぬうちに大量閉店しまくっていることをご存知でしょうか。

f:id:Blackred664:20200709231604p:plain

2018年のポッポの閉店状況

上の画像は、店舗の開店や閉店の情報がチェックできる「開店閉店.com」というサイトにある、2018年2月末までのポッポの閉店リスト。

上の画像だけでも、短い期間に7店舗が閉店していることが分かります。エグない?いきなりステーキかよ。

 

そしてそんな閉店の波、僕のところからまあまあ近い、イトーヨーカドー多摩センター店にあったポッポでも。

 

f:id:Blackred664:20200710151303j:plain

 

もうこれ、1年ほど前の話になりますけど…ふと寄ろうと思っていたポッポが閉店していたということです。そしてこのポッポの跡地では、似たようなものを販売している別のファーストフード店、いわゆる''ポッポもどき''に変わっていたという記憶があります。(間違ってたらゴメンナサイ)

 

f:id:Blackred664:20200710152152j:plain

 

去年の11月にイトーヨーカドー南大沢店のポッポに行った時の画像がありました。ポッポってポテトだけじゃないんですよ。お好み焼きも美味しいんです。これでSサイズポテトとコーラもついて630円。まあまあコスパいい感じ?

 

という感じで、僕のポッポ愛がちょっと出てしまった記事です。大量閉店が悲しいです。

なんせ、僕は小さいころ南大沢に住んでいて、南大沢のポッポには家族で何度も行った記憶があるのです。それ以外にもまた別のヨーカドーのポッポも何度も行って、焼きそばやら、ラーメンやら…いろいろなものを食べた記憶があります。

 

僕と同じように、幼少期の頃の記憶の片鱗にポッポが残っている方もちょっとはいらっしゃればいいな…と思う次第です。

 

そんなわけで、ホントにちょっとした独り言でございました。ここまでご覧いただいた方、ありがとうございました。